黒ずみやブツブツを隠さなくてよい美肌へと導いてくれるアットベリー

ワキや二の腕の悩みを独自のトリプルサンド方式で大人気のオールインワン・ジェルクリームです。

敏感肌の人のために肌へのやさしさ・使用感に徹底的にこだわっているので全身に使えて安心。

そんなアットベリーですが、より効果的な使い方はあるのでしょうか?

気になったので、アットベリーの効果的な使い方を徹底的に調べました。

アットベリーの使い方

まずは、アットベリーの基本的な使い方を説明していきます。

アットベリーの基本的な使い方

  1. アットベリーを1円玉大程の量を手に取る
  2. 気になる箇所に優しく塗りこむ
  3. 手の平の体温を使ってジェルを染み込ませる
  4. 朝と夜どちらも使う

このように使い方はとても簡単です。

では、より効果的な使い方というのはどのようなものなのでしょうか?

アットベリーの効果的な使い方

調査してみると、アットベリーを効果的に使うには3つのポイントがあることが分かりました。

  • 塗り方
  • お風呂上り
  • 塗る時間帯

1つずつ解説していきます。

塗り方

アットベリーは普通に塗るよりも、ちょっとした工夫をするだけで効果的な塗り方になることが分かりました。

工夫と言ってもすごく簡単な事です。

それは手に乗せて体温で温めてから肌に塗るという事です。

普通にアットベリーを塗るよりも、手で温めてから塗ることで肌への浸透が良くなり、より美容成分が肌の深いところまで届くようになるのです。

参照元URL【LALA MAGAZINE】:https://lalahair.co.jp/magazine/skincare/essence/method-of-use/

お風呂上り

アットベリーを使う上で、塗るタイミングも重要になってきます。

タイミングとして一番よい時間帯としては、お風呂上りが最高のタイミングですね。

何故かと言いますと、お風呂上りは肌が一番清潔で柔らかくなるタイミングだからです。

そのタイミングでアットベリーを使う事で、美容成分が浸透しやすくなるのですね。

さらにお風呂上りは、肌の水分が蒸発しやすく60分後には入浴前よりも乾燥してしまいます。

ですので、肌に水分が充分あるうち(入浴後10分以内)に保湿などのスキンケアをすることも重要になります。

このように、乾燥しやすく肌が柔らかく清潔な入浴後にアットベリーを塗ることで、より効果を実感できると言えますね。

参照元URL【美的.com】:https://www.biteki.com/life-style/body-care/235337

参照元URL【Yahoo!ニュース】:https://news.yahoo.co.jp/articles/c5b50ea49e387f73aa1771aa07bbdfd8f3f701d0?page=2

塗るタイミング

アットベリーは塗る時間帯によっても、効果が変わってくることが分かりました。

アットベリーの効果を十分に発揮する時間帯は夜です。

何故かというと、睡眠時に出る『成長ホルモン』が関係しています。

夜の眠っている時間帯には成長ホルモンが出ることで、肌サイクルがアクティブに働きます。

そのタイミングでアットベリーが肌に塗られていることで、肌が充分に美容成分を取り込んでくれますね。

このように、朝か夜のどちらか使うのであれば、断然夜に使うことをオススメします。

基本的な使い方でも朝と夜どちらも使うのですが、使うのを忘れがちな人も夜は絶対に忘れないように気を付けましょう。

参照元URL【e-doctor】:https://www.e-doctor.ne.jp/c/kozu/1909/

参照元URL【Lino】:https://www.lino-0301.com/archives/1144

アットベリーの使い方まとめ

アットベリーの使い方は基本的に簡単ですが、

  • 手の体温で温めてから使う
  • 入浴後に使う
  • 夜は必ず使う

このような使い方をすることで、よりアットベリー本来の効果が期待できます。

しかし一番大切なのはアットベリーは効果なしって本当?の記事でも解説しましたが、正しい方法で継続することです。

どんなに継続しても効果を実感できない人は、使い方に見直して継続してみてください。

しっかりと正しい効果的な方法で継続して、黒ずみ・ブツブツとサヨナラを目指しましょう。

アットベリーの詳しい効果はコチラ

アットベリーの公式サイトはコチラ